読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の中心は君なのかもしれない

俳優の青木玄徳さんのヲタク

人間風車を見ました

4月の頭に六行会ホールで行われた人間風車

その公演DVDが手元に届いたのでいてもたってもいられずみることにしました

 

前情報として知っていたこと

・推しは死にます

・残虐な表現があります

・初演の時のキャストめちゃくちゃ豪華

・絵本作家のお話

 

ただこれだけです。

 

まず総評として感じたのはこれは生で見るべき作品であってDVDで見る作品では無いな、という事です

DVDは意識がそれて途中飽きてきたりする。会話劇大好きなんだけど、私が好きなタイプでは無かったなぁと思いました

 

桑野くん演じるサムがとても良くて

青木くん演じる国尾はクズだけど憎めないクズでした。まさか死に方がアレって

 

サムは感受性の強い、子供です

幼い頃階段から落ちたのをきっかけに脳に障害が出てしまった

27歳だけど、大人になれない子供で階段から落ちた原因であるお姉さんは悔やんでいた

 

主人公は売れない絵本作家、毎日の様に子供たちに自分の作った話を読み聞かせ、子供たちはそれを楽しみにしている

しかしオチがどうも変なので大人受けは悪く売れない。子供に悪影響だと親から散々言われる

国尾は「絵本を読むのは子供たちだ、でもそれを買うのは大人だ」と話す

主人公は大人にも受ける本を書き、それを信頼していた国尾に見せた、国尾は嫉妬でそれを自分が書いたと話す。話を聞かせた子供たちはこれは主人公が書いた話なの??って疑う

その為国尾が書いたと評価され、主人公は2度と書けなくなる

 

その時にサムが現れた

サムは純粋に話を聞かせてくれと話す

主人公は恨み、苦しみのまま、彼に話す、ひたすら人を殺していくお話を

ガラスの破片を口に入れさせひたすら殴りつける、頭蓋骨に目をえぐり付け皮を剥ぐ、ゴキブリで窒息死させる(これは国尾が殺された方法なんだけど国尾が虫嫌いに影響される)その話を聞かされたサムはただ物語の主人公として悪をやっつける為にその名前の人たちを殺していく

 

最後は自分が間違ってたこと、好きだと言ってくれたサムの姉に被害が及ばないようにおとぎ話を聞かせるとサムはまたその主人公になり

最後、サムは飛び降りる

主人公が作り上げた作品のキャラクター達が見ている中で

物語はそこで終わる。メリーバッドエンドなのか、バッドエンドなのか、それはひとそれぞれだが、私は虚しく悲しくどうしようもない感情に苛まれ、形容し難いなにかに襲われた

 

人間風車、また見ようかなぁと思う気持ちになるまでは多分かなりの時間がかかるけど

また見たら追記で感想を書くかも知れません

 

とりあえず凄かったー…桑野くんの演技がスゴすぎて、叫び声があまりにも辛く聞こえる

 

え、我が推しはって??クズだしお前はぶっちゃけ自業自得だな☆って思いました(笑)

ゴキで死ぬ推しなんてめったに見れないから貴重でした